お雛様の種類

お雛様の種類



お雛様には、陶器製のものや、紙製のもの、キャラクターなど、様々なお雛様がありますが、
多くは、≪衣装着雛人形≫と≪木目込雛人形≫とに分けられます。
分かりやすいように、衣装着雛人形と木目込雛人形の特徴を簡単にまとめました。


衣装着(いしょうぎ)雛人形の特徴

・美しく、大人のお顔が一般的です。
・お姫様の多くは、「おすべらかし」と呼ばれる髪型をしています。
・優雅さと気品を感じられるお顔が多いです。
・お着物を着ているように、1枚1枚布を重ねて、胴体に着せ付けします。
・小さなものから大きなサイズの雛人形があり、数多くの中からお選びいただけます。







木目込(きめこみ)雛人形の特徴

・かわいらしく、あどけないお顔が多いです。
・お姫様の多くは、「割り毛」と呼ばれる髪型をしています。
・目は、筆で書かれているものが一般的です。
・胴体に溝を彫り、そこに布を埋め込み衣装を着せて作るため、お着物が型崩れしません。
・比較的小さな雛人形がく、コンパクトに収納できます。







minicola(みにこら)のお雛様

・木目込雛人形、衣装着雛人形、どちらも同じお顔となっております。
・あどけないくりりとした目、ふっくらした頬、お姫様は後ろでに一つに結んだ「割り毛」の髪型をしています。
・お雛様の髪の毛は、国内最高水準の福島県川又にて加工のシルクを100%しています。
・くりりとしたかわいらしい目には、国内で唯一当社だけが作る、「ガラスの目」を使用しています。
・手のひらサイズ、コンパクトなお雛様です。

ページトップへ