お気軽にお問合せください。

お道具紹介

お道具紹介





伝統的な高岡塗台






 慶長14年(1609年)2代目加賀藩主前田利長公が  高岡城を築き、日常生活品を作らせたのが高岡漆器の
 始まりと言われています。
 数々の名工が高岡独特の多彩な技術を生み出し  今日に受け継がれています。
 1975年、国の伝統的工芸品の指定を受けました。